ハーレー情報局のぶちゃんねる

お金をかけずにパソコン高速化計画(常駐ソフト編)

 更新日:2018年6月25日
6.常駐ソフト編
常駐ソフトとは、パソコンの起動と同時に起動して、常に動作しているプログラムをいいます。その多くは画面右下のタクストレイに表示されてます

ただ、常に動作しているためメモリ上に呼び出されていて、その影響でパソコンの起動自体が遅くなったり、動作が遅くなったりしますので、常駐ソフトが数多くあるのは好ましくありません

このコーナーでは、タスクトレイに無くても影響ないような常駐ソフトを解除する方法をご紹介します
必要な時に個別に起動もできます

※個人的に無くても良いと思うものを選んでおりますので、ご自分で考えて必要だと思うものは、無理に解除する必要はありません

1.オーディオ(音量)の解除
上記タスクトレイで言うと左から2番目のアイコンを右クリックし「オーディオ プロパティの調整」をクリック
または「コントロールパネル」−「サウンドとオディオデバイス」を選択します

「音量」タブに「タスクバーに音量アイコンを配置する」のチェックを外し「OK]をクリックします

音量を調整したい場合は「コントロールパネル」から行います

2.タッチパッドの解除
ノートPCの場合は、タッチパッドの設定があります
これはメーカーや機種によって異なりますので、アイコンの形も違う場合もあります

上記タスクトレイで言うと左から1番目のアイコンを右クリックし「タッチパッドのプロパティ」をクリック
または「コントロールパネル」−「マウス」を選択します

名称は異なるかもしれませんが「デバイス設定」に「トレイアイコンをタスクバーから削除」のような場所をチェックします

タッチパッドを調整したい場合は「コントロールパネル」から行います

3.QuickTimeの解除
QuickTime6の場合
上記タスクトレイで言うと一番右のアイコンをクリックしQuickTimeを起動します

または「コントロールパネル」−「QuickTime」を選択します

「編集」−「初期設定」-「QuickTime 環境設定」の「ブラウザ・プラグイン」を選択します
「Quick Time システムトレイアイコン」のチェックを外します
QuickTime7の場合
上記タスクトレイで言うと一番右のアイコンを右クリックし「QuickTimeの設定」をクリック

または「コントロールパネル」−「QuickTime」を選択します

「詳細」タブを選択し、「システムトレイにQuick Timeのアイコンを入れる」のチェックを外します

4.Windows Messengerの自動起動を止める
Windows Messengerを利用していないのであれば、このソフトを起動させないようにします

「スタート」−「プログラム」−「Windows Messenger」を選択します
「ツール」の「オプション」を選択し「設定」タブの「Windowsの起動時にこのプログラムを実行する」のチェックを外し「OK」をクリックします
お金をかけずにパソコン高速化計画
ハードディスク編  勝手なレポー豚  ハーレー情報局のぶちゃんねるトップ  パソコン高速化フリーソフト編
Copyright(c)2003-2018 ハーレー情報局のぶちゃんねる All rights reserved.